2008年10月28日

外反母趾の治療

あきらめていた外反母趾が、着々と改善中です。職場が変わって、フローリングの床をペタペタ靴下で歩くことが増えてから、激しく痛み出した外反母趾。これはたまらないと、真剣に治療を考えるようになり、出会ったのが【外反母趾・フットケアのカサハラ式ページ】

図書館で本も借りて読みました。

完全図解かんたん自分で治す外反母趾

私の足は外反母趾のために若干「指上げ足」(浮足)になっていて、指の付け根のちと下の部分が硬い床の衝撃で痛んでいることがわかりました。フットケアのカサハラのページにあった提携施術院に通い始めて2ヶ月。効果バッチリです。

忘れていた足指を使ってふんばるという感覚がよみがえってきて、ああこんなふうにして歩くのだったっけと、新境地が開けた気分です。変な歩き方を続けていると、その影響は全身に及びます。外反母趾はなってはいけないし、なったら治さなければいけないと思います。

治療前の計測で右親指は22度、左親指は25度曲がっていたので、私は中程度の外反母趾。2ヵ月後の今は右は7度、左は5度戻りました。あんなに痛かった痛みはほとんど消えました!

本では自分で治せるとあったのですが、怠け者でめげやすい私は、毎週1回治療に通って足をマッサージしてテープを巻いてもらいながら励まされて、自宅で足指を広げ、筋肉をつける体操を続ける方法が合っています。

費用は保険がきかないので 初回 3,500円 2回目以降 1,200円。私はついでに背骨の矯正もしてもらっているので、1回1,800円です。今のペースだと治療に半年ほどかかることになるでしょうから、4万円プラス交通費、プラスついでのお買い物になるわけで、これが高いか安いかわかりませんが、通って治す!と決めました。

外反母趾と自覚したのは15年程前。ときどき痛むことがあっても、普段は困ることもなく、まあ仕方ないとあきらめていたのですが、今の仕事を続けるためには治さなければならなくなって、やっと動きました。

外反母趾は、ハイヒールを履くからだと言われますが、私はハイヒールを履かないので変だなあと思っていました。笠原氏の説では重力が原因だそうで、だからハイヒールを履かない男性も外反母趾になるし、筋力が弱く関節が浅く造られているい女性に外反母趾が多いのだそうです。この頃は子どもの外反母趾が増えたし、北京オリンピックでは外反母趾に泣いたマラソン選手もいました。

私も昔はときどきゴムぞうりでペタペタ岩場を歩いたりして、足指を使ういい生活をしていました。それが結婚し生活にまみれ、マイペースライフができなくなってから、どんどん外反母趾が進行してしまいました。

長年のつけが、今になってやってきたわけで、それなりの手間隙とお金をかけなければいけなくなってしまったのだと思っています。治ったあとも、足指を使う生活を心がけないと、逆戻りしてしまうでしょう。

----------------------------
その後

右足の治療は半年、左足は11ヶ月かかりました。
当初右足は22度だったのが、16度に。
左足は25度だったのが、18度に。
右のテーピングは半年、左は11ヶ月。
完全にまっすぐにはなっていませんが、見た目はずいぶんと改善されました。ほとんど痛みもないし、足指が良く動くようになりました。足指の角度が戻ったら、靴のサイズが0.5センチ大きくなってしまったのが想定外でしたが。

たまに痛むのは、冷えたときや疲れたときで、そういうときは暖めたりマッサージすると直ります。

毎週よく治療に通ったものだと感心しています、7ヶ月目くらいのころ、通院がめんどうくさくなってもういいかなんて思ったりしましたが、疑問や不安を先生に素直に話したところ、きちんと治療効果を説明して下さったので、もう少しがんばろうという気になったものでした。

足元がしっかりしてきたら、歩くことにも自信ができてきて、この頃何やら意欲的な気分です。今まで家族とたまに山歩きするだけだったのですが、一人で参加できるハイキングクラブに参加してみようかなあ、新しい登山靴を買おうかなあ、なんて夢が膨らんできました。

ちょうどいいタイミングなことに、NHK趣味悠々(水)「山で元気に!田部井淳子の登山入門」7月29日〜9月30日放送 をやっていて、ますますその気になっています。

外反母趾の治療、がんばってよかったです。

で、まだ治療は続いてます。テーピングは卒業したのですが、隔週で足指の電気とマッサージをして、ときどき角度を測ってます。自分でも意識的に足指の体操をしてます。
posted by jun at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Junさんに刺激され 私も重い腰を上げました。近くで(でも車で1時間)笠原式をやっている先生を見つけ お試しで行ってみたらなかなか良い先生でした。曲がっていた背骨の矯正 体と足のマッサージに外反のテーピングです。
整骨 とはさすがと思う矯正とマッサージで 私の骨ってひどかったのね。昼間はテーピングかサポーター 夜はストレッチ 寝ている間は足指を広げる用具をはいてます。
長い時間かかって悪くなったことは 直すにも時間がかかる 私に苦手の努力と忍耐の日々となってますよ。
Posted by マキ at 2009年02月06日 15:13
 思い腰あげてよかったですね。時間はかかりそうですが、きっと良くなるでしょう。
長い時間かけて悪化したものは、治療も長い時間かかるのはしょうがないですよね。

 私は笠原式に通い始めて5ヶ月、だいぶ良くなって、まもなく右足は治療終わりそうです。痛みもほとんどありません。夜はテーピングの上からさらに包帯を巻いてます。包帯は慣れるまでちと苦痛でしたが、今では締めると気持ちいいと感じるようになりました。
 いつもテーピングのついでに、背骨の矯正もやってます。
Posted by jun at 2009年02月06日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108715057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。