2009年09月17日

このごろ更新するわけ

職場を変えてから忙しくなって1年ほど更新しなかった「あしあと」ですが、この頃更新するようになったのにはわけがあります。体調をくずしたからです。
病名は、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮線筋症。3つもです。じわじわ周期が変則になっていた生理が、今年に入って滅茶苦茶。しかもとても痛い、フラフラ、というわけでこれはたまらんと婦人科を受診して診断されました。

でも、対症療法のみで治療しないんですって。お年頃なのでまもなく生理が終わると病気も自然に治るからだそうです。

医師に基礎体温表をつけるように言われました。排卵がないかもしれないのでチェックするためらしいです。基礎体温なんて、この年でも用があるんですね。なつかしいです。

で、基礎体温測定セットをつくりました。
まず、ペンホルダーつきの細長いクリップボード
"LIHIT LAB."リヒトラブ クリップボード 伝票サイズタテ型 A-960U


ボードに体温表を折って必要な部分だけ出るようにしてはさみます。
花王 ロリエ 基礎体温表
月日が書いてあるので、ただ体温の点を書き込むだけですみます。2ヵ月ごと無料でダウンロード。

最後にボードの裏に、ビニールテープでケースの頭がでるようにして、体温計をはりつけます。ぶらさげる場合は、ボードの穴にひもを通してから体温計をはりつけます。
婦人用電子体温計 テルモ ET-C502P


痛みは陣痛のようです。しゃがみこんでうう〜〜〜とうめいてしまうほど。出血も多量でフーフーフラフラ。医師からは水分を1日に1.5リットル以上摂るように、冷たいのはダメ。鎮痛剤は早めに使うようにと指示されました。

職場には事情を話し、仕事を減らしました。これで時間ができたのでブログの更新ができるわけです。いつ不調に陥るかは全く予測できないので、元気いっぱいのときに家でブラブラということもあるので、そういうときは気晴らしにハイキングに行こう!という予定です。生理が始まってしまうと、その最中ほぼ1週間と、回復するのにさらに1週間と、2週間も不調です。こんな生理がひと月に3回きたときは、参りました。

この頃よく「顔色悪いねえ」と回りの人から言われてます。でもめげちゃいられません。新ハイキングの会員になりました。いつ不調になるかわからないので事前に申し込んでおいて一緒にハイキングということはできないのですが、毎月送られてくる雑誌を眺めては、治ったら一緒に行こう、あっちがいいなあ、こっちがいいなあ。どんな人たちと出会えるのだろうか。きっと前向きな楽しい人たちだろうなあ。それまでに体調のよいときにトレーニングして体力つけておこうとか、夢をふくらませてます。

3年前からお腹の調子が変わってあしあと−内視鏡検査を受けたことがあるのですが、あれは筋腫のせいだったのかもしれないと思っています。
posted by jun at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。