2006年02月15日

もしかして、サクラ?

2月10日の横浜金沢シンシアの説明会に行ってから、気になって仕方がないのは、質問の一番最初に「ハイ!」っと威勢よく手をあげて指名された女性のことです。念入りにカールしたセミロング、真っ白なブレザー、黒いスカート、ヒールの高いサンダル。ちょっとそういう服装の人はいなくて、目立ってました。質問内容はシンシアがいかにも質問してもらいたいようなことを丁寧な言葉で長々と。子供と見学させえてもらえるのかなんてことを、わざわざ真っ先に威勢よく手をあげて聞くでしょうか。シンシアは丁寧に時間をかけて答えていて、これでずいぶんと質問時間が減りました。

この話をいろんな人にすると、誰もが口をそろえて「それはサクラだ!」と勝ち誇ったように断言するのです。サクラとは全然思い至らなかったのんびり屋さんの私は、ひょえ〜と驚きました。それが本当ならまるで物語みたいです。

次の説明会にもサクラが来るのだろうか、いったいサクラ対策をどう講じればいいのでしょう。手をあげさせないように突然握手をしてしまう、なぜかスカートに醤油をこぼしてしまい、あらあらゴメンナサイとか。サクラが手を上げようとすると、なぜかジャンプ傘がバンと開いてしまうとか。つまりどの方法もサクラを事前に察知して、隣に座らなければならないのですが。

どうやってサクラを事前に察知するのでしょう。さあ、どうしようどうしようと、一人で悩んでました。だいたい、なんで私がサクラ対策に頭を悩ませなければならないのかもわかりません。誰もそんなことは気にしてないみたいでしたし。まあ、はっきり言って、私は面白がっていただけなのです。スミマセン。でも、サクラなんてなかなかお目にかかれませんし。

楽しみにしていたのに、その後の説明会ではサクラはいなかったみたいです。やっぱりあんまりサクラがしらじらしいのでやめたのでしょうか。それとも、最初からサクラなんていなかったのでしょうか。

ウーム、ミステリーです。

ところでこの日のシンシアの社長さんの発言は
「操業後に健康被害が起った場合には、即操業を停止する」
フーム、大胆ですね。よく覚えておきましょう。

で、説明会最終日は、すごかったです。住民パワー炸裂!「住民の健康と命にかかわることなんです!!!」拍手バチバチバチバチ・・・・。ちょっと殺気だって、恐いくらいでした。真剣に考えて調べて、人前で堂々と意見を言える人がたくさんいることがわかって、嬉しかったです。世の中、思っていたよりもちゃんとした人が多いんじゃないかと思いました。

シンシアの反対署名も、じわじわと集まっているようです。

ところで人間のサクラの語源、なるほどでした。
posted by jun at 20:59| Comment(14) | TrackBack(1) | お出かけA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます。楽しく読ませていただきました。
Posted by seayoko at 2006年02月23日 02:16
TBありがとうございます。
こうやって横のつながりができるといいですね。
Posted by jun at 2006年02月25日 18:29
事故に関しては予想つきませんと思います。それは現在操業しているすべての産廃におけるのでは??もし不適切な処理で貴方たちの元へ不法投棄されたら??反対することは簡単です!しかし考えてみてください!私たちの生活は豊か過ぎませんか??私たちの周りだけが綺麗であればいいのですか?廃棄物を山済みした所を一度はみたことありますよね?!現実も見てください!!こんな社会を疑問に思いませんか??たしかにビジネスとしてですが廃棄物問題を変えていかなくてはいけないのでは??循環型社会と言われても現実は遠いです。しかし悪化を遅らせる努力は無限だと思います。そんな思いでシンシアはつくるのでは??おそらくさくらは勘違いだと思います。
Posted by グロリア at 2006年04月08日 20:12
コメントありがとうございます。
「悪化を遅らせる努力は無限」、本当にそうですね。そして最終的には、脱焼却ですよね。

グロリアさんはシンシアの事情に詳しいようですので、教えていただけるとありがたいのですが、なぜ372トンの焼却炉なのでしょう?シンシア建設予定地周辺から出る産廃をはるかに超える量ですが。

広域から産廃を集めるということは、ゴミを出す市町村にとっては、どこか知らない遠くで処理するという感覚になりますから、ゴミを減らす努力とは逆行しますよね。

また、建設予定地周辺地域は子供の喘息罹患率が非常に高く、横浜で毎年ダントツトップの記録を更新していることは、もちろんご存知のことと思いますが、大気汚染が深刻な地域住民が、これ以上の悪化を望まないと主張することが、どうして「私たちの周りだけが綺麗であればいい」ということになるのでしょう?

ゴミを焼却すれば、有害な物質が排出されます。ゴミを燃やさない社会を求めて、ひとつひとつ最善の道を選択しましょう。
Posted by jun at 2006年04月10日 13:29
脱焼却ごもっともです!!しかし現在はそれが現実です!莫大なコストをかければ今以上に循環型社会に近づくでしょうが営利目的な民間では営利を追求してしまうのは仕方ないことだと思っています。そして高度な処理でマテリアルなどのリサイクルが進んでも必ずそれに伴って石油など使用します。結局焼却処分するより多くの環境負荷を与えていることも現実です!!そのためリサイクルが本当にいいのかは疑問に感じることがあります。

恐らくですが営利目的も隠せないと思っています。それと近いうちに同じような施設ができ(他の企業で)、競争にかちのこるためともう一つは秘密で!!そのほかもあるとは思いますよ。今の3倍ですもんね!!そこは信じられません(笑)
減らす努力は勿論私たち(自分も含め)の生活と少し見つめなおして欲しいのとシンシアで行っていることは焼却した後に1300度の溶融炉に入れ溶かすのが売りなんです!そうすると黒い無害なスラグとなり、焼却灰より減量します。実際に触りもしました。基本的に道路材にします。ここまで行っている企業は少ないです(莫大なコストがかかるため)!しかし今後いろんな企業が参入してくるのでは?!
大気汚染に関して確かに全く排ガスを出さないことは不可能です!排ガスは国の指定する基準をはるかに下回っています。だからといっていいことではありませんね!今後もっと下げていく必要はあります。現在周辺で出している量は分かりませんがそのことをシンシア側に批判されても・・では大気汚染となると車などに乗ってることも矛盾点になりますよね??沢山の汚染の反面、私たちに豊かさを与えてもらっていることは事実だと思いますよ。

最後に批判することもいいと思いますが環境問題には一人ひとりがいて起きていると思います。外国は知りませんが日本は豊かさを求めすぎ!!物をどんどん作りすぐ捨てる、使い捨て。
シンシアのみかたみたいになりましたがただシンシアのことを知ってほしいと思って書いてます。産廃はヤクザの資金源って有名ですよね?!まじめに処理を行っている企業もたくさんあります!不法投棄は結構儲かるみたいで・・そんな企業をなくしていきたいですね!
あとシンシアは国からも依頼されることもあります。信頼されているってことですね!フィリピンに不正に廃棄物を出した企業が処理不能で廃棄物を委託されたり、狂牛病の牛の処理など。

全く同じ廃棄物を処理することは簡単だそうです!!しかし現実は混合ですよね!結局焼却の道に・・最善の道見つけたいですね!!

Posted by グロリア at 2006年04月12日 23:03
いろいろコメントくださってありがとうございます。そこでもう少し教えていただけますか。

「競争にかちのこるためともう一つは秘密で!!」とは秘密で誰が何をするという意味ですか?

横浜市の環境影響評価審査会で
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/etc/shingikai/eikyou/gijiroku/h17/180315.pdf
新しい焼却炉では窒素酸化物濃度を30ppmを基準値として稼動している所があって、現に横浜金沢シンシアの予定地のすぐ隣の金沢工場でも30ppmです。
委員からシンシアも30ppmにするようつっこんだ要請がありましたが、シンシアは強硬に拒否し続けています。金沢区が喘息罹患率がダントツトップということを知りながら、なぜ金沢工場よりさらにゆるい基準値で稼動しようとするのですか。

横浜金沢シンシアで溶鉱炉を採用しない理由は、品川シンシアでやってみてメリットがなかったからと説明を受けていますが、どういうことなのでしょう?

脱クルマとおっしゃるグロリアさんのご意見に賛成です。広域から産廃ゴミを集める巨大な焼却炉を作ることは、脱クルマから逆行する計画ですね。

「産廃はヤクザの資金源って有名」とは恐ろしいことですね。「シンシアはIWDよりはちょいとはマシらしいが・・・」という噂を聞いています。産廃がブラックな商売という実態をグロリアさんもよくご存知なわけです。産廃を民間に丸投げする計画は危険きわまりないことは明白です。
Posted by jun at 2006年04月14日 09:01
会社の経営の問題ですね!!シンシアは産廃だけでは事業を行っています。ある得意先の契約状況によって左右されるからです。

ごめんなさい。次の質問は知りませんでした。

そうそう!今日知ったのですが溶融炉はないみたいですね!驚きました!!理由は運転コストな莫大なため割にあわないそうですよ!!品川でも一日回しているわけでなく灰がたまり次第動かすそうです。今現在は溶融炉には検討中らしいです。それか品川で処理するか最終処分(埋め立て)みたいですよ。品川だとしてもは搬入ルートがないため作る必要がありますけど

以前にも述べたように環境問題には矛盾点が沢山あります。私だって車に乗っています!矛盾してますよね!食べ物だって、生産から物流に私たちのところまでくるまでに沢山の環境負荷を与えています。様々な恩恵の裏にはリスクは必ずついてきます!
生産者は物をどんどんつくり、あとは知らないってのが多いですよね。
環境問題は結局人間が生き残れるかが基本な感じがします。個人的な意見ですが地球は壊れない気がします。ただ人間の住めない環境になるだけで。何もない世界みたいな。教室漂流日記のドラマはインパクトありましたね〜

金をもらって不法投棄してるやくざよりはいいかもですね。産廃はイメージが悪い仕事ですし反対されることはしょうがないこと。結局ゴミ屋ですからね。しかしだれかがやらなくてはいけない仕事です!それとYKSでは東電に売電します。石油で発電するよりはいいのでは・・
Posted by グロリア at 2006年04月14日 22:19
グロリアさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

「今日知ったのですが溶融炉はないみたいですね!驚きました!!」というグロリアさんに大変驚きました。
あわててシンシアに問い合わせて下さったのでしょうか、ありがとうございます。
「溶融炉で高温にすればバグフィルターに穴があいてコストが上がるから、結局使えない」という回答だったのでしょうか。
こういう質問は、直接シンシアに尋ねると答えてもらえるのですか?
それとも、グロリアさんはいつでもシンシアから回答をもらえる立場におられるのですか?

「売り」にしている溶融炉は現実には使い物にならないし、排ガスの基準値を下げることもできない。
そのため審査会では「機械を変えれば」とさえ言われているわけで、それがシンシアの技術力なのですね。
Posted by jun at 2006年04月15日 07:07
問い合わせた訳でなく、たまたまその日に情報が耳に入ってきたんです。

穴は知りませんが300t/日を高温を保つ溶融炉の運転コストが割に合わないんだと思いますよ。それ以外の維持費も。恐らく焼却灰は品川に搬入されると思いますよ!予想ですが。一貫した処理を売りにしていますからね。
質問に答えてくれるかは分かりません。検討中も多少ありますし。聞くとしたらyksプロジェクトですかね!?私はある程度は聞こうと思えば聞けます。

機械は基本的にシンシアでは製造してません。機械の技術はクボタなどですよ!それに機械はyksとトップの判断ですし。結局営利目的な民間企業のため営利を考えた判断なのでしょう。夢を言えばそれではいけないんですけどね。割に合った資金をかけるかですね。複雑な点。

たくさんの批判はありますが私はシンシアには自信を持っています。廃棄物処理業界では結構有名ですよ。
Posted by グロリア at 2006年04月16日 11:24
「たまたまその日に情報が耳に入ってきた」とは素晴らしいタイミングですね。
今までずっと横浜金沢シンシアに溶融炉がないことをご存知なかった方に
上手い具合に情報が入ってくるものだと感心しました。お見事!

機械はクボタなんですか?三菱重工ではないのですか?
yksプロジェクトとは、何の略ですか?
そういう表現を使っていらっしゃるのは、シンシア関連企業の方なのでしょうか?
お尋ねばかりしてごめんなさい。
Posted by jun at 2006年04月16日 17:10
品川ではクボタですけど、YKSは調べていません。でもとてつもなくでかいことに驚きです。

YKSは横浜金沢シンシアの略です。関連企業の友人です。先月まで学生だったためYKSについてまだまだ勉強不足です。
Posted by グロリア at 2006年04月16日 20:54
次回YKSの住民説明会があるそうですね!!出席なさるのですか?
私は出席します。住民側からではなく。
Posted by グロリア at 2006年06月18日 22:31
お久しぶりです。
説明会の日程変更の理由はなんですか?
Posted by jun at 2006年06月26日 23:00
>私は出席します。住民側からではなく。

やっぱりねー。関係者だったんですか。
一般市民を装ってたわけですね。

先日、反対の署名を行っている人たちに、
いかにも暴力団風の男が大声で威嚇して
いました。

いろんな形で建設を推進しようとして
いるのですね。
シンシアってそういう体質なんですね。
Posted by 物騒なので匿名で at 2006年07月03日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Post060930
Excerpt: 社会とのコミニュケ−ション能力は如何にとランダムにブログ発信中
Weblog: Post-060930
Tracked: 2006-02-23 02:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。