2007年03月28日

東国原知事と慰安婦問題

「韓国で慰安婦が実際に存在したのかどうか、歴史的に非常に難しい。」と発言しています。
東国原英夫知事が外国人特派員協会での会見2007年3月14日
会見の様子(2)の 頭から6分ほどの部分です。
「高額な報酬を支払われた正当なルールの中で行なわれた赤線だったかもしれない」という意味のことも言ってます。

そのまんま東こと東国原英夫さんは、ただのお笑いタレントでなかったらしいくらいの認識しかなかったのですが、外国人特派員協会での会見を聞いて、恐ろしくなったというのが、最初の感想でした。東国原英夫知事は歴史修正主義者だったと言っているブロガーもいます。

その後、考え込んでいます。韓国は反日感情の激しい特定アジアと言われている国です。そこでウィキペディア「特定アジア」の項目で紹介されている櫻井よしこさんが、慰安婦問題についてどう発言しているか探したところ、ありました。

フジテレビ報道2001「従軍慰安婦問題」2007/02/25放送で、
明確に、軍と日本政府が女性を騙して慰安婦にしたってことはない。こういった歴史的な文書とかその措置をきちんと整理して、国際社会にも韓国にも中国にも、どこにも言うべきなんです。でも日本国政府は全くそれを言ってこなかった。
という発言がありました。この画像、You Tubeで見た直後に消されてしまったので、残念ながらここに紹介できません。番組の内容をテキスト化したブログはありました。

永井さんと白石さんの調査研究のサイトを読んだところ、東国原知事の「正当なルール」とか「日給500円か600円」という発言に疑問を持ちました。当時の軍隊のシステムや、状況の変化について知識がないと、論じられない問題とわかりました。
日本軍の慰安所政策について  永井 和(京都大学文学研究科教授)
従軍慰安婦問題に関する自由主義史観からの批判を検証する   白石秀人

すごいぞ東国原知事では「東国原知事は侮れんと本気で思うようになってきた。」と言っています。慰安婦問題について、東国原知事の言うようにしっかり検証する必要があると思いました。


東国原英夫知事の発言(外国人特派員協会2007年3月14日)
私はそのコメントに対しては知事としてではなく個人的な見解でよろしいですか?

従軍慰安婦が実際存在したかどうかは歴史的に検証しなければコメントするのは難しい事です。
戦争ではいつでもそうですけど勝者と敗者では意見が違ってくる。
それを客観的に見る場合は両面から検証されなければいけないと思います。

日本側から見ると当時、韓国は日本に併合されていた。
これは、どういう理由でどういう経緯で併合されていたかどうかは別にして韓国はあの当時日本国であった。
日本国の中の娼妓といいますかね。こういう言葉は良くないんでしょうかね。
女性の方が性を仕事とされる。ということは一つのルールであった。
たとえば赤線というのがございました。 それが正当なルールであった。
もっと言うと、その頃にその女性の方は日給にして500円か600円。
その当時兵隊さんが3円とか5円の時代だったと思うんですけど、そのときに数百円の高いお金を貰っていた、 ということもあって商売としては、非常になり手が多かった。
というような事を 日本側からの解釈でやっていると思うんですよね。

私の立場としては、韓国側は「韓国併合は、併合からもう日本は侵略戦争であった」という主張されています。
これが侵略戦争であったかなかったか、これは歴史認証が必要だと考えてます。
この歴史認証が、まずなされることが前提としてないとこの議論は発展しないと思います。
つまり、正しい歴史認証が前提となりうる上の議論だと考えてます。

で私は、日本側の議論が正しければ 例えばですよ、私はあれは正しかったのではないかと。

もしその歴史認識が違うと、日本軍に娼婦として行ったんだと、娼婦として無理やり連行されたんだ というような歴史認識が事実であれば、これは糾弾されるべき問題だと考えています。

きっちりとした答えになってないと思いますけれど歴史認識あるいは実証が検分されない限り
このようにコメントは難しいという立場です。






posted by jun at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/ma_sa20007/archives/53393278.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 笑いの伝道師 at 2007年03月28日 15:34
ご紹介ありがとうございます。その後、さらに調べて内容を変えています。
Posted by jun at 2007年03月28日 19:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37061358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。