2005年11月14日

メンサのともだち

12日(土)、夫がフジテレビ(学問の秋スペシャルたけしの日本教育白書)を見ていて、「おい、junの友達が出てる!」というのでテレビの前にかけつけましたが、間に合わず。狭い家ですのに。

友人はメンサ会員。メンサというのは頭のよすぎる人たちの集まり。テレビでメンサの紹介をしていたのでした。

彼女から聞いたことがあるのですが、知能が高すぎると不遇な人生で終わる人が多いらしく、天才と認められ社会で成功するのは、ごく一部の人だけだそうです。

友人とはお互いシングルだったときに、職場で出会いました。彼女は職場に不適合で苦しんでいたようで、気になって声をかけたら、ものすごく面白い人だったのでプライベートでも付き合うようになったのでした。

彼女にはメンサの試験を受けろと何度か勧められましたが、冗談じゃないよといつも断ってました。彼女と話していると、私が1のことをゆっくり考えている間に、彼女の頭には20とか40位の関連イメージが浮かんでいるのではないかという感じがします。それはそれは次々パッパと話題が展開するのです。話題がとどまる時は、えらく深く詳細になるし。

次々と話題が移る人に、心の病気を持っている人がいますが、彼女の話題の展開の仕方には、ちゃんとした論理があって、病気の人とは全く違います。彼女の言うこと、やること、みんな面白くて、驚くことがいっぱい。好奇心旺盛で、しかも大変な物好き、チャーミングで楽しい人。でも、世渡りは不器用なんじゃないかな。そこが勿体ないところなんだけれども、それがメンサらしいところなのかもしれません。

この頃メンサの本がいろいろ出版されるようになったせいか、夫がメンサに興味を持つようになったので、「友達がメンサよ、ほらこの人」と写真つきの年賀状を見せたのですが、ずっと信じてもらえませんでした。今回たけしの番組のおかげで、やっと信じてもらえました。

息子は「お母さんってスゴイ人と友達なんだね」となぜか尊敬のまなざし。
「私がスゴイんじゃないの。友達がスゴイの。でもはっきり言うと、彼女は相当な奇人変人かも。」と言ったら、
「そういう人と気が合うってことは、お母さんってやっぱり・・・ヘン」
結局、夫と息子は二人して「そうか、そうだったのか」ですって。


世界の頭脳集団Mensa脳に“効く”IQパズル


Mensa式超「右脳(うのう)」ドリル


友人がレビューに書き込んでいるので↓、もしかしたらオススメかもしれない本
4569639623あなたの脳力をチェック! 大人のIQテスト
株式会社アキュートエンターテインメント

by G-Tools


posted by jun at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビと本からA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
junさん、先日は腰痛のことで色々教えて下さり、ありがとうございました!
ところで「メンサ」って初めて知りました。そういう人たちの集まりがあるのですか、とても興味深いです。なかなか周りから理解されない・・というのもよく分かります。そういえばあのほりえもん、学生時代くらいだったかな、あまりも仕事をするのが早すぎてクビになったんだそうです・・!あっという間に仕上げてしまうのだとか。人と違う能力っていうのは単純に凄いですね。
Posted by まりん at 2005年11月14日 20:45
まりんさん、こんにちは。メンサに興味もっていただけたようですね。

ほりえもん、たけしの番組で面接によるIQテスト受けて、122でした。
平均は100だからすごくいい数値なのですが、メンサはさらにその上なわけで、
私が知る限りでは仕事の効率がいいわけではなさそうで・・・?
よくわからないのですが、いらないこと考えたり感じたりしちゃうのかも。

人と違う能力を評価するアメリカ、イギリスでも孤立しやすいメンサとは、単に頭がいいだけではすまない、天才の難しさがあるのかもしれないなあ、などと思います。
Posted by jun at 2005年11月15日 06:56
junさん、こんにちは、

メンサ、初耳です。
いろんな人がいるのですね。

写真のこと、おほめにあずかり光栄です。
ブログに書いた返事を以下にペーストしておきますね。
ーーーーーーーーーーーーーーー

写真の腕は少しずつ進歩しています。カメラもバカチョンからはじめてデジカメは4台目になります。鳥を撮るときは、ニコンD70にニコンの手振れ補正つき望遠ズームレンズ80-400oをつけています。値段は両方で30万円ぐらい。やはり道具がものをいいますね。デジスコープにコンパクトデジカメをセットして、10円ぐらいで一眼レフよりいい写真が撮れるそうです。ただし三脚は必須。

連写していいのを選びます。数打てば当たる感じです。本当は三脚を使うべきですが、ほとんど手持ちです。あとは根気。
このあいだ、モズを撮ったら真っ黒だったので、最近は露出補正、スポット測光などの機能をつかっています。

また遊びに来てくださいね。
Posted by ripple at 2005年11月15日 09:12
もちろん腕がよいから ステキな写真を撮られるのでしょうが、道具もそれなりだったのですね。

好きな人が一生懸命に努力して、その中に道具をそろえる努力もあって、それでやっといい写真というの、よくわかりました。
教えて下さり、ありがとうございました。
Posted by jun at 2005年11月20日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。