2005年11月18日

皇后さま、チケット代返してください

皇族の結婚式で盛り上がっていますが、私は皇后さまにお金を返してもらいたいと思っています。いえ、たぶん皇后さま自身は悪くないのでしょう。じゃあ、誰が悪かったのでしょう?とにかく私は楽しみにしていたコンサートを皇后さまご一行にだいなしにされてしまうという被害に遭ったことがあります。

1987年12月、当時は美智子妃殿下。場所は音楽の友ホール。ハープのコンサートでした。私は友人と前のほうの席に座っていました。私の前の席はなぜか大きく空いたまま、コンサートが始まりました。そして休憩時間だったか、曲の合間だったかに、美しい美智子妃殿下がなんと私の目の前に着席になったのです。確か赤いスーツを着ておられたと思います。

一人ポツンと座られて、周りはいかついねずみ色のSPがグルリと取り囲んでました。問題はそのSPの耳に差し込まれたイヤホン。ピーピーうるさいのです。コンサート中になんたること、しかも繊細なハープの演奏中です。

私はせっかく楽しみにしていたのに、コンサートがぶちこわしにされて、もう腹が立って腹が立って、SPに静かにしろと文句を言えば、妃殿下に出て行けというのと同じことなのだろうか、文句を言ったら危険人物とマークされてしまうのだろうか、とか不安をかかえてじっとガマン。ガマンガマンのせいか、いまだに忘れられず、ことあるたびにチケット代(2000円)返せと思い出だすのです。友人が言うには、美智子妃殿下のハープの先生がコンサートに出演するのでおいでになったのだろうとのことでした。

あとから思ったのですが、黙って怒ってないで、そっと退出してホールの人に事情を話し、後ろの空いてる席に移動させてもらえばよかったのではないかと。こういう場合どうしたらいいのでしょうね。いずれにしても気分ぶちこわしです。チケット代返してもらったところで、気分は戻ってこないですよね。

皇太子のお姿は、東京文化会館でワーグナー「ニーベルングの指輪」を4夜にわたって全曲演奏したときに見かけました。このとき、私はチケットを買うお金がなくて(なにしろ全曲だと10数万ですよ)。でも、せめてコンサートを聴きに会場へ入る人の姿でも見ようと出かけていき(わざわざ出かけていってなんになるのだろうと思いつつも)、チケットを持ったすべての人が会場に入って閑散とした寂しいロビーに開演ベルが鳴り響いたそのとき、突然SPに囲まれた皇太子一行が現れ、大またでさっそうと入場していったのでした。

その歩き方のかっこよかったこと。あんなにステキに闊歩する人を見たのは初めてでした。スポーティでしかも気品があって、いかついSPに囲まれて小さく見える皇太子でしたが、その足が長く見えました。

結婚なさった黒田清子さん(紀宮さま)のお姿は、学習院講堂のオーケストラコンサートで見かけたことがあります。コンサートの曲の合間に、そっと退出なさった姿だと思うのですが、なぜか私は2階の通路から見下ろしていました。

皇太子も、黒田清子さんも、目立たぬように迷惑をかけないように、一生懸命だったのだと思います。皇后さまだって、迷惑をかけたくなかったに違いないと思います。それでもえらい目にあってしまう人がいたりするわけです。

黒田清子さんが結婚準備のためにカタログで決めるので、回りで実際に出かけて確かめてはとすすめると「私がでかけると皆様にご迷惑がかかるから」と遠慮されたというエピソードを聞きましたが、本当に大変なことだと思います。

高校時代の政治経済の先生がいつも言っていました。「天皇制というのはかわいそうだとは思わないか。天皇の人権を考えてみなさい。」

犬養道子さんが戦前の女子学習院の体験を書いている面白い文章があります。皇族と近すぎたために、天皇はただの人間だったという内容で、「近すぎた」というタイトルで「おさんぽ」に紹介しています。

来年、東京文化会館で「ニーベルングの指輪」あるんですよ。行きたいですね〜。皇太子もきっと行きたいと思っておられるでしょう。
posted by jun at 19:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特に意識せずにたどり着きましたが
おもしろい(といっていいのか?)
エピソードに目が留まりました。

ムカつくことって頭に血が上ってしまい
後でああすればって
思うことってありますよね。

そして思い返すたびに
イライラしちゃうんですよね。
Posted by elsiemarley at 2005年11月18日 18:51
ほんとにそうですネ。
落ち着いて考えればスマートな対処法はあるはずなのに。
まったくしょうがないと思いつつも、
いまだに忘れられません。
Posted by jun at 2005年11月18日 22:47
→ではないけど
皇后様は特別悪くないように思えますが…
悪いのはSP&取り巻きだと思います。
Posted by きき at 2005年12月14日 00:28
そうですね、SP&取り巻きのマナーが悪いのかもしれません。
皇后様だってある意味、被害者といえるかもしれませんし。
ご本人は決して周りに迷惑をかけたくなかったと思います。
それがうまくいかないから、どんなにストレスになっていることかと。
それを考えるのも辛いことです。

この頃ふとヒラメイタのですけれど。
この国はどうしてこんなにも人権に鈍感なんだろうかと思い巡らすうちに、
天皇制が悪いと思いました。
天皇を国の象徴だなんて国民が納得しているということが。
天皇の人権はどうなっているんでしょうね。
上から下までこんな調子で人権軽視しているのがこの国なのかしらんと。
そう思うとため息がでてしまいますが。
Posted by jun at 2005年12月15日 09:19
さびない包丁ってことで、
自分用の包丁としてセラミック包丁を
検索していたら、ここにたどり着いてしまった。
あしあと:皇后さま、チケット代返してください・・・・この題名にひかれて
やってきました(汗)。
とんだ災難でしたね><。
金額は問題ではないけど、庶民の2000円は大きいのだ!
Junさんのコメントにある
天皇は国の象徴ってとこですが
要は王様みたいなもんですよね?
皇位継承を男子だけでなく女子にもとかそんなことどうでもいいです。
Posted by ちゃんさん at 2005年12月27日 17:44
セラミック包丁、良いの見つかりましたか?

相手が皇后様ご一行というのが、面白い体験でした。
一生忘れられませんよ。きっと。
皇位継承、Y染色体がどうのとかいう真剣な議論、
私もついていけない世界です。
Posted by jun at 2005年12月29日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。